0120-797-558

open 10:00~close 20:00

パーマ ウェーブ デジパ カール

コテパ!

なんか、チョット前のアニメのタイトルみたいですが。

 

 

ノイズシェーンは、パーマも得意です。

 

っていうか、タマみるくタマコン、あと、今度発売のコンデンスみるきぃセラム

 

これらを使えば、矯正だけじゃなく、カラーもデジパも、かなりカンタンになります。

 

 

なので、ノイズシェーンがデジパ、上手いんじゃなくて、

カンタンになるように、やってるだけなんですけどね・・・・(´・ω:;.:...

 

 

どんなにハイダメージでも、ブリーチしてても、ビビってても、

パーマ自体は綺麗に当てることが出来ます。

 

 

えっへん。

 

 

でも、当たった状態から、綺麗にスタイリングするのは、ダメージ毛ほど難しい。

 

 

 

ハイダメージであるほどに。

 

 

 

 

なので、カウンセリング時には、

 

「楽になるように」

「毎日のコテがめんどくさいので」

という理由でパーマをオーダーされる方には、とことん、お伺いします。

 

覚悟はあるのか。

 

 

 

パーマととことん付き合う覚悟がね。

 

 

お持ちじゃないなら、パーマとダメージ毛に向き合うための方法をご説明し、、できる限りの施術をし、出来るだけ応援する。

 

そんなノイズシェーンの覚悟をお伝えします。

 

 

パーマは、必ず綺麗に当たるので、料金は頂戴します。

 

 

でも、うまくスタイリング出来ないときの、パーマ落としは、無料です。

 

 

パーマを当てると、絶対に可愛くなります。

素敵になります。

 

でも、(ダメージ毛の場合)スタイリングは必要です。

 

 

どれくらい必要なのかは、皆様、未体験ですから。

 

「それほどでもなかった。」

とパーマを楽しんでくださるのが一番。

 

「思ったより大変だった。無理だった。ずっと束ねてた。」

これは辛い。

 

なら、元通り、パーマを綺麗に落として、サラサラストレートに戻して差し上げたい。

 

 

これが、ノイズシェーンの、パーマに対する想いです。

 

 

そこまでの責任を持ってパーマを施術しますから、

だから、お気軽に、パーマをオーダーしてほしい。

 

 

 

今回のゲスト。

これは前回のbefore。

 

 

いつも矯正をしてますが、そのいつものお店で失敗され、

「じゃぁ、パーマしましょう^^」って失敗矯正の上からパーマを当てられ・・・・。」

 

 

状態のチェックのためにも、この髪にセラムをつけてブローしてみた。

 

綺麗になっちゃったΣ(・∀・;)

 

 

セラムさえ買って戴ければ、あとはブローの特訓をすれば、それでOKなんですね。

 

ただ、ブローが難しいので、、、、

 

 

前回は、根本の矯正と、毛先のパーマ落とし。

色を整え、ナチュラルストレートに仕上げました。

 

 

 

今回のbeforeはないのですが、そこから半年後。

 

「やっぱりパーマが欲しくなっちゃったドキドキ

 

まぁ❤オトメね。

 

 

ダメージしてパサパサだと、パーマなんて取りたくなる。

 

で、ダメージ補強して髪が綺麗になったら、またパーマしたくなる。

 

 

リンカネーション。

 

 

 

か?

 

 

 

まぁ、ちょいちょいっっとパーマしますが、

 

でも、出来るだけ楽に、ということで。。。

 

 

工夫しました。

 

というか、最近はやりのコテパ☆

 

根本は半年分の矯正をして。

 

丸い、スタイリング用のコテとか、

ちょっとだけ特殊なストレートアイロンとか、普通のストレートアイロンで、クルッとパーマをあてる技法です。

 

 

割と難しいんですが、

GMTなどのエステル系パーマ剤。

あと、タマみるくとタマコンがあれば、けっこうカンタンにできちゃったりもします。

 

サルファイトは、髪質によります。

 

カーリング(パーマ)には髪の弾力が必須です。

 

弾力がなければ、ダレる。

パーマには、なにわともあれ、弾力が必要。

サルファイトは弾力がなくなります。

 

内巻き程度ならまだなんとかなりますが、それ以上のカールは、逆に当たりにくくなる可能性が高い。

 

髪が硬くて、曲げるのが大変な場合などには有効です。サルファイト。

 

 

そのあたりのさじ加減は、美容師の経験と毛髪判断、薬剤調合の腕次第ですね^^

 

 

 

で、なんでこの髪、コテパにしたかと言うと・・・・。

 

 

左 ロッドで巻く、普通のパーマやデジパ。

 

イラストの便宜上、毛先は半周しかしてませんが、最低でも2周くらいしないと、巻いてゴムで止めれません。

 

なので、パーマの仕上がりは、ゴムの跡から、逆方向に反り返って、そこから毛先に行くほどに、パーマがきつくなる。

 

2周はまかないとなので、S字以上にカールがでちゃう。

 

だから、ソバージュみたいにくりくりの波々になっちゃうんですね。

 

 

で、傷んでるほどそれが顕著で。

 

仕上がりは、リッヂもなく、ただミミズがのたくった様な、ダレダレの、チリっただけのモワッとした感じになりがち。

 

 

 

じゃぁどうするか。

 

 

・ゴムで留めなきゃいい

コテパっすな。

 

・膨潤控えめで、SS結合を切断するにしても、SとSの距離を離れすぎないように

ということで、低膨潤な薬剤で。

 

・熱を使うので、熱還元の高いGMTなどを使う。

ただし、ハイダメージ毛にGMTなどのエステルはトドメを刺してしまう可能性が高いので、出来るだけ低濃度で。

 

・元のSSが少ないので、架橋をプラスして、トリートメントでカールを付ける

これはもう、タマコン、タマみるくの独壇場。

 

イラストの右下。

ゴム跡なしの、逆反りもなし。

毛先に行くほどカールが弱くなるようなナチュラルさ。

 

そこを目指します。

 

 

還元、流し、中間処理後、両熱アイロンで整えてから、

レンツという、理容師さんが使うパンチパーマ用の、直径1cmの細いコテでカールを付けます。

 

 

巻き上がりはこんな感じ。

 

もっとクルっともできるけど、今回は「かる~く、ちょっとカール感があればOK」ってことだったので軽めに。

 

 

かなりセンシティブな髪なので、2剤処理も、念には念を、でピンカール。

 

 

 

ただし、薄め。

ox0.5%程度。

 

酸度が足りないので、酸リンスも併用。

 

 

その後、矯正部分の2剤処理を、シャンプー台で。

 

 

上がってきた状態。

1剤処理中に膨潤が進みすぎてると、ここでもっとダレダレになってます。

今回のダメージ毛だと、この程度のカールが限界です。

 

・水の重み

・ダメージ毛、矯正毛はウェット時に弾力がなくなる

・髪同士の摩擦

 

により、ウェット時はカールが出難い。

 

 

ここで焦らないで^^

 

 

セラムをつけ、弾力を増しながら、摩擦を軽減しながら、

ウェーブを伸ばさないように、水を蒸発させ、水の重みを減らしていきます。

 

ダメージ毛パーマのスタイリングって、難しいイメージですが、やることはこれだけ。

 

 

水がなくなり、髪に弾力が戻ってきつつ、水の重みもどんどんなくなっていくと、

あとは勝手にカールが出てきます。

 

 

ざっくり乾かすとこんな感じ。

ブラシも使わず、アシスタントに乾かしてもらいました。

 

 

ちょっとタマ氏が手を加えて

これくらいのウェーブになります。

楽そう♪

 

beforeは

 

ですから、けっこうクルッとなりましたね♪

 

 

ゴム跡、逆ソリが無いのもよく分かると思います。

 

 

 

ダメージ毛のストデジ、デジパ、カール、パーマには、いろいろと気をつけないと行けない部分が多いです。

 

けど、積極的にやっていきたいですよね。

やっぱ可愛いもん。

 

 

ノイズシェーンのメニューでは、

パーマは一種類しかありません。

 

髪の状態と、仕上がりイメージから、最適な施術方法は担当者が決めます。

 

 

パーマ、お気軽にお楽しみ頂けるよう

(美容師も、お客様も)

もっと良い技術、良い薬剤を作っていきたいです(*´∀`*)

 

 

 

-パーマ ウェーブ デジパ カール

© 2020 髪質改善&エクステサロン ノイズシェーン 大阪で馴染むエクステと縮毛矯正