ノンジアミン白髪染めは、カラーバターでも明るく染められて色持ちはしっかり。

アレルギーを発症される方が増えています。

 

花粉症罹患者の人数も、

1980年代 10%台

1990年代 20%台

 

と推移してきて、昨年末の発表では、

48%

に達したそうですね。

 

 

花粉症もアレルギーの一種ですし、

小麦などの食べ物や、化学薬品などの皮膚接触。

 

タマ氏自身、防腐剤アレルギーを持っており、ハンドクリームで手荒れするというw

なので、この春に発売を予定しているウルティメイトなアウトバストリートメント

『コンデンスみるきぃセラム』

は、防腐剤と人工香料不使用。

髪用なのに、お肌にとっても美容液。

 

セラムについては・・

 

タマコンシリーズ アウトバストリートメントプロジェクト発動☆

コンデンスみるきぃセラム 全国サロンへサンプル版配布開始!

あたりに詳しく書いています。

 

***************************************************

 

美容室での、最大アレルギー問題。

やはり、カラーでしょう。

ジアミンアレルギー。

 

僕達美容師にとっては、商売の生命線。

目を背けたくなる話題だったりもしますが…。

 

ヘアカラーが規制されたら(すでにパッチテストなどで規制は始まってますが)、

売上が半減する可能性もあります。

 

売上だけじゃなくて、

お肌の炎症、さらには命の危機にまで繋がる可能性もあります。

アレルギーを甘く見ちゃいけないです。

 

タマ氏自身、美容師継続できるか否か、の生命線として考えています。

自らのカラダ的にも、

お客様の健康のためにも、

美容室というお店の存続の意味でも。

 

 

 

ジアミンは便利で、白髪がしっかりと染まります。

黒染めも手軽に出来ます。

 

パラフェニレンジアミン

 

ほかにも、
パラアミノフェノール
硫酸トルエン2.5-ジアミン

とかが、アレルギー発症例の多い、ジアミンの仲間。

 

ただ、大丈夫な人には、全くと言っていいほど害はなかったりもします。

だからこそ、販売されてるわけで。

 

ただ、いつかは、誰もが、アレルギー反応が出る可能性を秘めています。

花粉症のように、体内バケツがいっぱいになったときが、発症のトキ、と言われてます。

 

できるなら使わないほうが良い、ということで、最先端の美容室やメーカーでは、

様々な研究が行われています。

 

ノイズシェーンでも、何度も記事にもしていますが、

HC/塩基カラー

いわゆるカラーバターを用いての白髪染めをメニュー化しています。

 

***************************************************

 

HC/塩基カラーとは

 

今のところアレルギー発症の報告がない

 

塩基性染料

HC染料

 

二種類の性質の染料を使い、染めるカラー剤。

髪を一切、脱色しないので、そういう意味でのダメージはゼロ。

クリーム状のカラー剤を塗り、そのカラー剤の色が髪に移るだけの染着方法です。

 

むかしのヘマニキュアみたいなもの。

 

違いは、イオン的に反対であること。

 

 

髪のキューティクルは+

ヘアマニキュアは-

これがイオン結合し、染着します。

 

お肌も+なので、マニキュアはお肌がしっかりと染まってしまうため、 

『根本ギリギリから』塗布する必要があったんですね。

 

 

塩基性染料は+

お肌には染まりません。

 

キューティクルのちょっと内側、髪の-部分にしっかり染まるイメージです。

 

ちなみにHC染料はイオンを持たず、とても小さいために、

毛髪内にしっかり浸透します。

が、どこにもくっつかず、シャンプーなどで次第に出ていっちゃいます。

 

 

そのようにして染まるのがHC/塩基カラーのしくみ。

 

髪内部のメラニン色素は一切、破壊しないので、明るく染まりません。

 

 

***************************************************

しみる、アレルギー、脱色、色素。

 

ここで混同しがちなこの4つの要素。

 

・ジアミン色素などでアレルギー反応が出ることがありますが、

一切、しみることは無いんです。

 

・脱色剤(ブリーチだけじゃなく普通のカラーでも)はアルカリ性で、活性酸素が発生し、

それらにより、しみることはありますが、アレルギー反応は出ません(ほとんど)。

 

 

しみるのはまさにその瞬間。アンモニアの揮発などでもしみます。

その刺激により、かゆみに繋がることもあり、

(痒み学では、弱い痛みが"痒み"なんだそう)

炎症が起きることもありますが、アレルギー反応ではありません。

 

ブリーチ剤には、アレルギー成分としてのジアミン色素は一切配合されていませんが、

しみるのはそのためです。

 

 

逆に、

アレルギー反応は数時間後に反応が出てくることが多く、その時は何も感じません。

夜、ベッドに入ってから、なんか痒い。眠れない。

朝起きると、枕がリンパ液で黄色く汚れていて、頭も顔も、場合によっては手や脚も腫れてる。

 

これがアレルギーです。

酷いときは呼吸困難なども併発します。

&nb
sp;

 

“しみる"と"アレルギー"は全く別物です。

 

 

今回の施術は、HC/塩基カラーによる白髪染め。

それも明るく。

 

今回のゲストは、もう一年近く、HC/塩基カラーのみで白髪染めをしています。

前回は一ヶ月前です。

リタッチのラインが見えますよね。

黒髪は明るく。白髪も茶色くなってます。

白髪が茶色くなってる=まだ色が残っているということ。

 

通常、カラーバターなどは2~3週間のもちと言われていますが、

ノイズシェーンでのカラーバター白髪染めは、一ヶ月たってもしっかり色が残ってます。

 

また、黒髪を茶色く明るめに染めることも出来ます。

 

***************************************************

 

通常のHC/塩基カラーは酸性です。

 

殆どのサロンでは、酸性のまま塗布します。

酸性だと、黒髪は明るくなりませんし、色保ちも悪い。

 

そこで、染める際にはアルカリ性に調整します。

同時に、黒髪が明るくなるような作用をもたせるよう工夫し、

色素の染まりと、メラニンの脱色を行うことで、

もちのいい、明るい白髪染めが、ノンジアミンでできます。

 

同時に、タマコンを使うことで、カラー色素の浸透性をアップ。

明るくする力もアップ。

 

さらには、色素の髪への定着力もアップします。

 

 

タマみるくは、アルカリのちからをもち、

高濃度のシステインがカラー色素をからめながら、

毛髪へ定着します。

 

タマコン、タマみるくをHC/塩基カラー、カラーバターと併用すれば、

もちがだいたい二倍になります。

2~3週間と言われているものが、1~1.5ヶ月持続します。

 

ダメージは非常に少なく、仕上がりは柔らかくなるのもHC/塩基カラーのメリット。

タマコン&みるくの質感がそれに加わり、ホントにサラサラ。

 

だから。

 

気になったときに、こまめに染めても髪がどんどん傷むなんてことはありません。

 

今回は根本5cmくらいだけ染めました。

黒髪部分も明るくなりつつ、しっかり白髪も染まっています^^

 

 

***************************************************

ホームケアでは、この春発売のコンデンスみるきぃセラムをご使用下さい。

 

カラーの色もちがアップするような工夫が沢山ほどこされています。

 

 

カラーは、工夫次第でいろんなことが出来ます。

ジアミンアレルギーや肌荒れなどでお悩みのお客様、サロン様も、お気軽にご相談ください。

 

タマコン講習会も定期的に行っております。

ご要望に応じて、HC/塩基カラーのご説明も行います。

 

 

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 カラーリングにもこだわったノイズシェーン。
・通常カラー剤
・アレルギー物質であるジアミン色素不使用のカラー剤
・ブリーチ成分不使用のハーブでできたダメージレス香草カラー
・今までにない明るさで白髪が染まるイチゴカラー
・毛髪補修に大活躍のヘナ
・ぱみゅっぽいカラーバターやHCカラー
・カラーチョークやヘアタトゥ

これらをハイブリッドに使い分けることでダメージを最小に、
でもきちんと発色。
ブリーチ使用のダブルカラーや
毛先グラデーションカラーも得意分野

ハイライトやメッシュを駆使した
外国人セレブ風カラーをお求めのご来店も。

全メニューReve美髪プロジェクトトリートメント付で、
ダメージ極小&今までにないサラ☆ツヤ
を実現しました
友だち追加数