宮古二日目 そして。。。。ついにオトーリ!

おはようございます。

 

いよいよあさってには、未踏の地、北見市へ飛びます☆

北見の美容師さんたちへ、僕なりの縮毛矯正のコツや、タマコン、タマシスの素晴らしさをお伝えしに…。

 

…北見って意外と牛肉食文化が盛んで、焼肉屋さんとかステーキ屋さんが多いらしい…デュフフ。

 

 

あと、ミシュランの星を取った蕎麦屋さんとかラーメン屋さんとか…ウヘヘ。

 

 

出発するまでに、前回の宮古編を締めなきゃ。

 

宮古二日目 朝からの過ごし方【名物づくし】~講習本番編~ 

講習前なのに、朝からきれいな景色を見て、

美味しいものも2つも食べました(^q^)

 

講習は、わいわいと皆さんで、本当に楽しくできました^^

宮古島まで、タマコンなどをお送りするのには、送料が結構かかっちゃうんですが、大阪市内と均一料金でお送りいたしますので!

末永くおつきあいください!

 

今回の主催者様に代理店お願いしようかなぁ。

 

そして、宮古の熱く長い夜が始まります。

 

懇親会は、地元の炭火焼鳥 の名店

炭火焼鳥 秀 

 

一個一個が、いちいち美味しいです。

炭の使い方が繊細。

博多あたりの豪快な炭味じゃなくて、

スパイスとしてちょこっとだけ、炭。

 

その隠し味、炭の親子丼…これはやばい!

 

絶対また来る。

 

みんな普通にビールとか飲んでるし。

美味しい泡盛。ボトルなんか入れちゃって、

こっちに来たらやっぱり『ブラックコーヒー割り』がメジャーみたいです。

コーヒー、お銚子に入って出てきましたw

 

あ・・・普通にみんな、飲むんや。

このまま終わりそうね^^

ε-(´∀`*)ホッ

 

 

っとしたのもつかの間!

「そろそろやりません?オトーリ」

 

…( ゚д゚)ハッ!。。。。。やっぱり。。。。やるんやな。。。。。

 

こんな専用のグラスまで出てきてwwwwwww

 

これ、この線のところまで泡盛を入れる濃さの調整じゃなくて、

泡盛はピッチャーになみなみと泡盛の水割りを作っておきます。

 

んで、注ぐ「親役」が、相手を見て、注ぐ量を加減してあげる優しさ。

 

オトーリについては適当にググってください。

 

本当に良い文化だと思います。

歴史としては、どの地方にもあった、貧しかった頃の名残り。

少ないお酒を皆で平等に楽しむための。

 

こんな風に、皆で、親役の口上を聞くこと。

皆の前で口上を述べること。

 

ある意味、プレゼンの訓練にもなります。

小学校の頃、教壇の前に立ち、皆の前で発表しましたよね。

緊張して、うまく話せなかった。

 

日本の教育って、その小学校移行、一度もそういう機会がありません。

 

作文発表も、書いたものを読むだけだし。

読書感想文コンクールも、学校でひとり。なんか弱い立場の子が無理やり押し付けられることが多い。

 

働きだして、懇親会なんかの飲み会の乾杯の音頭がありますが、

これがやっと、回ってきたらちょっと誇らしげですけど、

特に気の利いた口上を述べるまでもなく、ただ、乾杯~♪みたいなことも多いし、あまり長く語っても、「早く呑ませろ~」みたいなヤジが飛びw

それもまたいいものですけどね^^

 

オトーリは、親役の口上がどんなに長くても、誰一人文句も言わない。

そして、コレがまた、みんな結構、いいこと言うんですよねぇ(*´ω`*)

 

僕も2~3回、親役を頂きましたが、なかなか。

難しい。

これって、気の利いたことを言おうとしてもダメで。

宴もたけなわ、皆と打ち解けて、酔いも回って。

自然と出て来るホンネが、いいんですよね^^

 

お料理も美味しかったし、オトーリも(恐怖もなく。泡盛は薄めに作ります^^)素晴らしい文化だと知れましたし。

 

そういえば、「そろそろオトーリを…」なんて恐怖の言葉を発したのは、北海道から移住してこられた方でした。

 

最高の懇親会を開いていただきました^^

 

reveの素晴らしさもバッチリ語って、美女お二人に売りつけましたw

 

お開き。

お腹もいっぱい。

 

からの…

 

山羊~♪

<
/p>

野咲家 

昨日、ミヤビリーバンドの方に教えていただきました。

昨夜お邪魔した、このバンドのホーム。

防音設備もなんもない、ガラス扉一枚の、市役所跡みたいなところw

すっごいいい雰囲気。

宮古では、子供の頃から、こういったロカビリーなどに触れて育ってきたため、独特のおしゃれセンスと音楽センスが融合し、

ミヤビリーっていう文化が発展してるんですね。

 

 

野咲屋、山羊、うまーい!!!!

 

山羊刺も、ちょっとワイルドな羊みたいで、嫌な臭みもなし。

 

キ●タマはちょっと引いたけどww

口の中がキュッキュするドキドキ

 

臭いと評判の山羊汁も、全然平気。

むしろ、どのお料理にも使われてたフーチバーのほうが気になる。

沖縄よもぎ。

黒い炒め物は、モツを血で炒めたもの。

これもコクがすごくて美味しい。

 

ココまでもたっぷり飲んでますが、

コイツに守られてるから大丈夫さ。

 

街中を移動してるときにあった、

元・光GENJIの赤坂くんのお店。

彼も色々あるみたい。

 

そして今夜三食目。

その地方の食文化を知るには寿司でしょ。

お店の名前が失念しちゃったんですが。。。食べログもなかったし。

でも、ビックリの値段!

こんな感じの、わりとどの地方にもある、普通の握り盛り合わせ的な。

唯一、シイラだったかな、こちらでしか寿司では食べないようなのもあり。皮が歯ごたえがあって、身はゆるめで臭みもややありますが、美味しい^^

 

すごいのが、というか以外だったのが、マグロ!

クロマグロです。

 

宮古はマグロ漁に従事されてる方が多いようで、伊良部島とか、マグロ漁用と言ってもいいくらいの漁港があるようです。

人気の『漁師屋』あたりとか。

 

で、そのクロマグロの握りがやっぱめちゃ美味しい。

それも含めて、10貫?で1000円www

 

焼き鳥~山羊~寿司

のコンボで、もう腹パン。

 

やっとここでお開きとなりました^^

 

最後までお付き合いくださった皆様、本当にありがとうございます!!

 

こんな感じで、熱く深い、宮古の夜は更けていったのでした。

 

~つづく~