0120-797-558

open 10:00~close 20:00

縮毛矯正(ブリーチ毛&スピエラ矯正も)

縮毛矯正をするときに考えていることの一つ。

今夜は赤ワインを呑んで、いい気分のタマちゃんですよ、っと。

 

まぁ、もう6時間くらい前に飲んだので、アルコールは既に感じませんが。

かき氷も食べたし。

 

最近は、KSSKとかKSSRがBACK in USSRなことばかり考えています。

 

ロシアがソ連に戻ったらええねん、とか、そんなことじゃないですよ。

 

IMG_5515.jpg

IMG_5516.jpg

たまにはサロンワークのお話しを。

 

少し前の縮毛矯正施術です。

1~2年?

実は、僕の中で、あまり成功とは言えない仕上がりでした。

 

ですが、ちゃんと考えてる美容師が、縮毛矯正をするときにどんなことを考えているのか。

それをお伝えするいい機会だと思ってアップします。

 

IMG_5513.jpg

IMG_5519.jpg

薬剤の切り替え過渡期だったこともあり、

かつ、還元剤のパワーをどんどん落とし、髪への負担を少なくすることに躍起になってた時期ですね。

 

元々、クセの新生部は根元12cmくらい。

その先は既矯正部です。

 

根元はしっかり伸ばせてます。

が、既にストレートな部分とのつなぎが甘い。

 

「つなぎ」というのは、、、

・髪の伸びる速さは、一本一本、まちまちですから、月に1cmといっても、一年で、10cmだったり14cmだったり。
その曖昧な境界線の、ドコまで薬剤をつけるか。

 

・矯正は、一度伸ばしても、健康毛であるほどに、またクセが戻ってくることがあります。

これ自体は悪いことじゃなくて。

だって、それって、まだ髪の健康が残ってるってこと。

完全に殺しちゃってマッスグにしたら、クセの戻りはありません。

が、そこはパーマもあたらない、髪が髪じゃない、変性したタンパク質で構成された物質。

半年、一年と、経過した時に、ボロボロになります。
だから、ノイズシェーンでは、カウンセリングで、将来なりたいスタイルによっては、しっかり目に伸ばしたり、いずれクセが戻るくらいの伸ばし具合にしたり、調整します。

その、クセの戻りのラインもまた、曖昧な境界線です。

そのドコまで薬剤をつけるか。

 

この二点がいわゆる「つなぎ」ですね。

 

当然ながら、その境界線よりも根元より、手前までしか塗布しなければ、つなぎのクセは伸びない。

先まで塗布し過ぎると、既矯正部がダメージします。

 

ノイズシェーン自慢の処理剤(トリートメント剤)《タマコン》を使えば、

発生ダメージもおさえられますから、思い切ってけっこう先までつけちゃえばOKなんですが。

(って、乱暴w)

処理剤を使わないなら、ダイレクトにパーマ剤の塗布の技量にかかってきます。

 

beforeをご覧頂くと、

その「つなぎ」の境界線が、非常に幅広い。

こんな髪は思い切って毛先近くまで薬剤を塗布しちゃったほうが、仕上がりは綺麗なんですが…。

 

僕にはそれができなかったです。

というか、この毛先は意外とダメージがあって。。。

根元はカラーもしてないバージン毛なんですけども。

 

ということで、薬剤塗布を、少し手前で止めちゃったという、反省な仕上がりでした。

もちろん、根元は根元用の矯正剤を使います。

毛先には毛先用に。

そして、境界線はそれらが重なるように塗布したり、

中間用の薬剤をまた別で作って塗布したりします。

 

 

 

もっと頑張ります。

 

そこから更に成長した仕事をお見せできるように!

-縮毛矯正(ブリーチ毛&スピエラ矯正も)

© 2020 髪質改善&エクステサロン ノイズシェーン 大阪で馴染むエクステと縮毛矯正