0120-797-558

open 10:00~close 20:00

大阪美容室 ノイズシェーンのブログ

根折れ。肌荒れやビビリに次いで、若しくはビビリよりも危険且つ取り返しの付かない失敗。

これを見てgkbrしない美容師はいないと思います。

IMG_5715.jpg

毛が90度で折れ曲がっています。

あ、gkbrって、((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルってことね。

別角度

IMG_5716.jpg
ビビリ同様、矯正初心者によくある失敗ではあります。

ただ、、、ビビリは、言ってしまえば、そこをカットしちゃえばなくなるから。
お客さまの心のダメージはとんでもないものですけど、
毛先数センチ切れば、まぁ、なくなっちゃいます。
(場合によってはロングをバッサリショートボブって事も有り得ますが…。)

この根折れは、下手をすると、この部分ですべて切れてしまいます。
ぜんぶきれたら…峯岸 出てきたてのICONIQみたいな、超ベリショになっちゃうことは、想像に難くないです。

なんでこんなことしたのか(# ゚Д゚)!!

カンタンです。
お客さまは、矯正歴が長く、今まで偶然にも失敗したことがなかったそう。
なので、値段が高いところも安いところも同じだと思って、
どんどん安いところに行くようになりました。

今回担当してもらったのは、心斎橋の大型オシャレサロン。
二度目。
ホットペッパーのクーポンを見てみると、
☆オーガニック縮毛矯正☆サービスカット付き♪¥5200
って。

5200円ってwwwww

なにそれ。
ピザ二枚より安いやん。

美容師さんのお給料とか労働時間とか3Kとか言われてますし、
そのことをここで書くと長くなるので割愛しますが。

どう考えても5200円でまともな矯正ができるわけがないし、
やってる美容師さんが可哀想だし、
たとえ本人たちが幸せを感じてたとしても、
こういうお店は無くなったほうがいいです。

美容師という職業は、
幸いにして、
「10年後になくなる職業」オックスフォード大学調べ
link
には選ばれませんでした。
だからこそ、その頃にはもっといい環境で仕事ができるように、
業界全体で頑張らないといけません。

労働時間を短くするには、
仕事のタイムアップも欠かせませんが、
なによりも、生産性の向上だと思います。
つまり、一人の人間が一時間あたりに売り上げる金額。
一ヶ月に売り上げる金額。
これが多ければ、収入も増えるし、労働時間も短くなるし、福利厚生もよくなる。
美容師の平均は一ヶ月42万円。
この1/3が適正給与だと言われています。

ちなみに看護師さんも42万円ですが、
ここに保険のポイントが加味されるため、
実際の給与は美容師の2~3倍となります。
夜勤のある方もおられますしね。

話がそれました。

そのお客さまがいつも不満だったのが、「根元1cmやってくれないこと」。
それとなく担当美容師さんに伝えたところ、
「くせ毛じゃない人にはわかりませんよね。私、くせ毛だからわかります!
だから、いつも私は、頭皮から薬剤を塗布します。」と。

原因はこれか!

画像の通り、お客さまは前への毛流が強め。
ただでさえ、薬剤塗布放置時には、毛流のとおりにしておかなければ、
薬剤塗布の根元の端で変なクセがつきます。
ましてや、頭皮から薬剤を塗っちゃうと…。
毛穴から出てきたところでポッキリと折れ曲がっちゃうのは目に見えてます。

ちなみに、この美容師さん。
カラーも割と雑で、根元からたっぷり塗布しており、
根元数ミリが明るく染まってます。
(この日にカラーと矯正を行いました。)

明るく染まってる=薬剤が多かった=ダメージが強い

という図式です。
薬剤を普通に根元から塗布すると、頭皮あたりに薬剤が一番多くつきます。
多くつくとそれだけ作用が強くなる。
カラーは明るくなり、
矯正はよく伸び、場合によっては伸びすぎる。
つまりダメージします。

今回はこのダブルパンチで、その当時の根元が折れ曲がり、
濡らしてみるとビビってしまってるのもわかります。


根元1cmのところで、頭全体の髪がビビってるんですよ?
とんでもないことです。

実は、今回、お客さまがこの状態になっていることに気づき、
担当美容師さんにやり直しを依頼されました。
するとその美容師さんは、「自分では直せないので、ノイズシェーンという美容室に行ってはいかがでしょうか。」とご紹介されました。

一般の方からすると、無責任な発言かと思われるでしょうが、
これは英断です。

この髪を普通にいつも通り施術したらこうなった。
ということは、
これを直せる理由がないんです。
技術がない。

その美容師さんと僕は面識がありません。
でも、知ってくれている。
僕が講師をしているということも知ってくださってました。
つまり、講習にご
参加頂いた方か、
ご参加頂いたオーナーさんのスタッフさんか、
ブログやFBを見てくださっている方かと思います。

このブログも見てくださるかもしれません。

だから敢えて、詳しく書いています。

この記事を書くのに、ここまで2時間ほどかかっています。
明日は1/25 大事な講習が控えています。

それほど重要なことなので、敢えて詳しく書いています。
お客さまも、担当美容師さんも、気を悪くされるかもしれませんが…。

事故はなくさないといけない。

ここで無理にその美容師さんが直そうとすると、
二重事故=折れてる部分で切れてしまう
になってた可能性が高い。

それを避け、他の美容師さんに依頼することは、
美容師にとっては辛いことのはずです。

その決断をされたことへは、敬意を表します。

さて、、、

IMG_5718.jpg
ここから

タマコンつけて
スピエラ0.5%pH5.5位の薬剤から、
pH7.5位の薬剤へのダブル還元。
トータルpH6.8程度。

今回は根元1cmのプリンと、その先のクセリバウンドはもうある程度無視します。

もちろん、放置は毛流に合わせて。
こんな便利グッズもあります^^


スカウター風に落書きしてますがww


これを使うと、こんなふうに、前に生えた髪は前へおろせます。
便利

ガーゼを被せたアイロンでじんわり加熱。

二剤塗布でも根折れの可能性があるので、気を配りつつ…

仕上がり。

IMG_5728.jpg

IMG_5731.jpg

IMG_5732.jpg

「恥ずかしくて外出できない…」状態からは脱することができました。

でも、予断は許されません。

物理的にかなりの損傷を負っている状態です。
強く引っ張ればもちろん、折れた部分から切れます。
この次に普通に矯正を行えば、やはりそこで切れるかも知れません。

切れても構わない長さに伸びるまでは、相当にセンシティブに扱う必要があります。
施術前に、既に数%は切れてましたから。。。

最後に。
担当美容師さん。
ご自分のお客さまを、他人に委ねるのは、本当に辛いことだったと思います。
その方お一人の責任では無いと思います。
矯正は、まだまだ未熟な分野で、
十分な教育が施された環境ではありません。
今、僕たちは、そこをなんとかしようと、日夜、努めています。
1/25のような講習活動もその一環です。
タマコンを開発したこともそう。
pH移行ダブル還元という考え方も、より安全に矯正を行うための策のひとつです。
みんなで勉強して、みんなで良くなって、
10年後に、もっと幸せを得られるような職業になるように。
美容師という道を選んだ人たちが、もっと幸せになるように、
もっとお客さまへ幸せをプレゼントできる職業になれるように、
一緒に頑張りましょうね。

なんて偉そうなことはまだまだ言えない立場ですが。
僕自身、更に精進を重ねないと、と思い、
今日、このブログを書いた次第です。
(12月の施術が全然アップできてないねん!!!!それをすっ飛ばして、この施術をアップしました。)

-大阪美容室 ノイズシェーンのブログ

© 2020 髪質改善&エクステサロン ノイズシェーン 大阪で馴染むエクステと縮毛矯正