0120-797-558

open 10:00~close 20:00

縮毛矯正(ブリーチ毛&スピエラ矯正も)

ブリーチ混じりの髪って、矯正するの難しいんですよね~。完全ブリーチ毛よりも。

ブリーチ毛なら、ブリーチ毛として扱えば、矯正はカンタンです。

ですけど、こんな髪。

IMG_4790.jpg
根元プリンが新生毛2~3cm。
その先5cmくらいがカラー毛。
その先7cmくらいにカラー&ブリーチハイライト。
その先、ブリーチ。
そして、そのブリーチ部分にも未矯正部分があるから。
ブリーチ部分だけへの薬剤塗り分けは無理です。
最先端オートメショーン工業プラントで、機械とセンサーとコンピュータを駆使しないと無理。

じゃぁ、ちょっと機械を超えてやるか。

IMG_4791.jpg

中の方もこんな感じ。

いつも通り、
reveでダメージ発生を抑え、
タマコンで補強。
r-stプロポリス各種オイル、で更に補強。

こういった、ダメージ混合毛こそ、pH移行ダブル還元という手法が活きてきます。

・髪の表面(キューティクルなど)はアルカリで損傷する。
・クセを伸ばすくらい薬剤を効かせるにはアルカリが必要。

という矯正の前提条件があります。

また、ダメージ毛ほど、アルカリに弱い。
同じ強さのアルカリ剤を乗せると、ブリーチなど損傷が大きい部分から、とろけて行きます。

なので、機械とセンサーとコンピュータを使った、ミリ単位の薬剤塗り分け力が必要なんです。

よしじゃぁ、機械を超えてやるか。

IMG_4792.jpg

IMG_4797.jpg

IMG_4796.jpg
サラツヤ~

IMG_4790.jpg

IMG_4803.jpg
天使の輪

IMG_4795.jpg

毛先も

IMG_4802.jpg
シャキッと

IMG_4800.jpg
毛が強くて伸びにくい中の方もキチンと。

pH移行ダブル還元とは、
通常のアルカリ矯正剤と、
最近話題の酸性矯正剤(スピエラなど)を併用すること。

これ、混ぜちゃってもそこそこの効果はあるんですが、
ヘタするとどっちつかずの中途半端な薬剤になってしまいがちで、
『ちょっと傷むし、クセもあんまり。』みたいな仕上がりになったり。

そこで、
①酸性薬剤で、全体を優しく還元(クセをほどくこと)。
②その後、アルカリ薬剤でしっかり還元。
この時、②のアルカリが、①の酸で緩和され、髪への負担が少なく済みます。

酸とアルカリのパワーが同じ場合、
1:1で混ぜれば中性になります。
酸が多ければ酸性、逆ならアルカリ性に。

ダメージ混合毛に①酸性を塗布した状態だと、ベースが酸性なので、
ダメージ部分に②のアルカリが少量ついたところで、ベースの酸性の方が多いので、
弱酸性程度にとどまってくれるので、大きく損傷しないんです。

クセをシッカリ伸ばしたいところは②のアルカリを多く塗布すれば、その部分はアルカリ
の方が多くなり、結果として①+②の薬剤パワーが強くなり、クセはシッカリ伸びます。

この、②の塗布量でパワーのコントロールがし易いというのも、pH移行ダブル還元の強み。

機械並みの正確な薬剤塗り分け力がなくても、なんとかなるんです。

(´∀`*)ウフフ

'`,、('∀`) '`,、

-縮毛矯正(ブリーチ毛&スピエラ矯正も)

© 2020 髪質改善&エクステサロン ノイズシェーン 大阪で馴染むエクステと縮毛矯正