タマみるく&セラム 還元トリートメント パーマヘア編

前回投稿

タマみるく還元トリートメントで失敗デジパの復活

に引き続き、タマみるく&コンデンスみるきぃセラムを使っての還元トリートメント。

またの名を、ケミカルトリートメント。

あと、コンデンストリートメント。

 

 

元からダメージが気になってはいたところに、パーマをあてたくなっちゃって。

「傷まない」って書いてるお店に行ってみたら逝った。。。

 

パリパリです。。。

 

トリートメントメニューでご来店。

パーマがあたってるお客様に還元トリートメントをする際には、必ずお伺いしないといけないことがあります。

「パーマは落としたいですか?残したいですか?」

 

どちらも、方法があります。

 

還元トリートメントはパーマ液を使います。

栄養分は粒が大きいから、キューティクルのスキマから入れません。

ダメージした部分はキューティクルも剥がれてるので、その中までは入りますが、

もっと奥は閉じています。

 

実は、ダメージ毛ほど、穴ぼこだらけでトリートメント成分が中によく入るようなイメージですが、

むしろ逆です。

 

ダメージ毛は、へしゃげて、潰れてるんですね。

 

なので、健康毛状態に近づけるには、膨らませてあげないといけません。

膨らませる←見たことある漢字!!!

 

膨潤

 

昨今の美容師ケミカルの間では、わりとダメなことのように取り沙汰されてますが。。。

そもそも、パーマや矯正を無理なく施術するには絶対に必要なことで。

もちろんカラーにも。

 

ただ、過膨潤はいけない、ってだけです。

 

膨らまして、スキマを作って、その中にトリートメント成分を入れ込みます♪

 

右側の傷んでるイメージ図。

面積は健康毛状態に比べて、狭くなってますね^^

 

実際はもっとへしゃげてることもあります。

 

この、膨らませるのに、アルカリがあれば良いのですが、

左の図の青い丸。これはコルテクスを示しているのですが、

ここはアルカリとは言え、あまり膨潤しません。

パーマ液って、ここに働きかけて、パーマや矯正をあてていきます。

 

つまり、還元剤は、コルテクスを開き、ほぐすんです。

 

右の図を見ても解るように、ダメージ毛はコルテクスも小さくなり、むしろなくなってます。

そこに擬似コルテクスを組み立ててあげたほうが、より左の図に近くなりますね。

 

そのあたりも全て、やはりパーマ液、還元剤じゃないと出来ないことなんです。

 

還元トリートメントは、そこまで踏み込んだ施術なんですね。

 

で、冒頭のカウンセリングで

「パーマを落としたい。」なら還元剤を少しだけ強めにして、熱処理はストレートアイロンで。

 

「パーマを残したい。」なら弱めの還元剤で丸アイロン(コテ)で…やるだけだと不十分。

 

施術側の気持ちとすれば、ここでコテパーマをあててやるんだ、位の気持ちじゃないと、パーマは残ってくれません。

還元トリートメントの工程でデジタルパーマのロッドをまいて加熱してもいいくらい。

還元剤はそこまで強くなくてOK。

タマみるくでも十二分のパワーがあります。

 

タマみるく&セラムで処理後、流して、セラムまたつけてドライ。

 

全体はストレートアイロンで整えつつ…

毛先はコテで丸めながら少し熱入れ。

 

あとはいつもどおり酸化処理。

 

それで。。。

 

流した後はこんな感じ。

しっかりパーマが出てくれてますね^^

 

サッと乾かしてこのくらい。

 

最初と比べると。。。

バリバリさがなくなって、髪の内面からのハリ・コシでしっかり。

 

むしろ、ぷるん♪ってしてます^^

 

いい感じ(*´∀`*)

 

今回はホントにざ~~~~っとドライヤーしただけですが、

カールを出すようにハンドブローしたら、もっとくるくるします♪

 

還元トリートメント。

カールバージョンも施術可能です♪