0120-797-558

open 10:00~close 20:00

大阪美容室 ノイズシェーンのブログ

巡りあい・鹿児島 懇親会編

講習会は


こんな目をしながらも無事に終了。

DSC_2735.jpg
モデルさんにも(*´Д`)ハァハァして頂けました。

ハァハァの模様はこちら→←>click♪<

講習会の後は、懇親会(*´﹃`*)

お店は狙ってた、こちら↓

http://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46000031/

天文館 吾愛人
食べログには記載が無いのですが、中央駅の西口店というお店もあり、そこに行きました。

鹿児島といえば、黒豚。
とんかつ、しゃぶしゃぶと。

あとは、魚。
今の時期はきびなごでしょうか。
そして、他の地魚や、鯛なんかも美味しいとのこと。

それらをハシゴするのは胃袋的にキツいので、一店舗で食べれないかな、と思って探したお店ですが、大正解☆

ごっつい美味しいです!

DSC_2739.jpg
右にチラッと写ってる鯛。
歯応えがパネェ。
よく、魚は新鮮なのが良いとか言いますが、嘘。

釣りたてとかって〆たてって、死後硬直して固くなってるだけで、
それをゴリゴリ食べるのが歯応えじゃないんです。

かと言って、ずっと冷蔵庫で寝かしてたり、ひどければ解凍品なんて。
鯛がフワフワですから。悪い意味で。

美味しいお刺身は、味があります。
味って、アミノ酸。
舌にある味蕾が、食品から出るアミノ酸をキャッチして、旨味として脳へ伝達します。

だから、うま味調味料って、アミノ酸であるイノシン酸やグルタミン酸のことを指すんですね。

で、死後硬直後、10時間ほど経過すると、身の中で、主成分である蛋白質が分解され、イノシン酸が最大量に近くなります。
その頃にはグルタミン酸量も増加しています。

それらアミノ酸が増えてきた時が食べごろ。

しかし、保存状態が悪いと、ニオイが出てきたり、雑菌が付着したり。
そもそもの魚の質による味の上下もあります。

その、〆てから10時間をどう保存するのか。
それが刺身の味を決定づけます。
詳しくはこちらに書かれています。
http://osakana-labo.com/know/jukusei-umami

美味しいお刺身は、お店の努力が必要なんですね。

話は逸れますが。
今回も鹿児島でたくさん、ビールを頂きました(笑)。
焼酎飲めよ、と思いますが。
ええ、呑みましたとも(笑)。

もちろん、日本酒もね。

で、鹿児島って、どこもビールが高いです。
生中600円とか。

実際に、このお店にも、予約の際に「ビール高いですね~、鹿児島ってそんなもんですか?」と尋ねたのですが、YES!との返答。

もちろん、電話口の方は日本人ですし、ホントに「イエス!」って発音したわけじゃないですけど。

大阪でも、グランフロントとか、生中800円とかしますし、
北新地だと普通に千円超えたり。
ホテル系だと1500円とかしますけど、それらはボッタクリサービス料やステータス料が含まれてるからなんですよね。

そうじゃなくて、このお店なんて、高級店ではないです。
駅前の居酒屋です。
たしかに、店舗の造りは綺麗で、中堅以上の、ちょっとお高めに見えますが、
5000円くらいでコース&飲み放題があったり、お刺身は700円台から。
一人しゃぶしゃぶなんて1500円でこれだけ食べれますし。

DSC_2740.jpg

ベラボーではないです。

が、生中600円。

でも、なんというか、ビールの価格が、地域性とか雰囲気で高いんじゃなくて、
お料理のプライドから、ドリンクの価格が高く設定されてる感じがするんですよね。

お魚も、先述したみたいに、きっちりと管理して。

安いお店なんて、業務スーパーでサクを買ってきて、それを冷蔵庫に放り込んで、切って出してビール280円とかでしょ。

なので、生中600円なんて値段でも、納得してしまいます。
あのお刺身が1200円とかで食べられるなら、ビール600円でも、まぁいいかな。
この600円という高額も、きちんとしたお料理を食べられる、感謝の気持ちで受け入れることができます。

ホントにお刺身、美味しい!

でもビール600円なんで、ガブガブは呑めませんけど。
600円。

600円かー。ビール。

600円。

DSC_2742.jpg
黒豚とんかつ

肉の味が濃い~。
おいし~!

肉の味といえば!

DSC_2741.jpg
クロブター溶岩焼き。

熱々に熱した溶岩ブロックの上で焼いて食べるんですが。
溶岩なので気泡がいっぱい。
余分な脂は落ちてくれるから、旨味だけを味わえるのです。
これはいくらでも食べられる。

DSC_2743.jpg
しゃぶしゃぶにオプションでつくね。

画像はありませんが、講習ご参加者の方オススメ、焼き鳥がめっちゃ美味しかったです。
ぼんじり、せせり。
こればっかりは、職人の技というよりも、肉のクォリティですた。

他にも、お店名物のおでんとか首折れサバとか色々食べて、

まだ食べ足りないってことで、

DSC_2744.jpg

カンパチのたたき。
これはっ( ゚д゚)!

ヤバイです。
ホントに。
今回のお料理、もう一周したいな~。

でも、この辺から、
浜本さんが「ギーマンには…、ギーマンには…。」とブツブツ言い出しました。
だから、そろそろラーメンかな、と思っていたので、お腹にスペースを作りつつ。
心のなかで、リストアップしてたラーメン屋さんをピックアップ。

そしたらみんな「お腹いっぱい」とか行って帰っちゃったのです。

懇親会、敢え無く終了~♪
本当にお疲れ様でした。

そこで、空腹の僕は、同じく狙っていたエキナカの回転寿司『廻る寿司 めっけもん』へ行くでしょう~♪
http://tabelog.com/kagoshima/A4601/A460101/46005807/

博多駅の『魚がし』が大当たりだったので、調子に乗ってます。

しかしこちらも、旨い☆
流石に南の国、お魚はちょっと緩めですが、しっかり旨味がある!

DSC_2745.jpg
フエフキ鯛
イサキ
ウスバハギ
天然真鯛
アラ
なんて、ほとんど聞いたことのないような種類まで。


こんな感じで、オススメは壁に貼りだされてますから、
「壁に書いてるの全部下さい。」

DSC_2749.jpg
お醤油も甘めで。
やはりこっちの魚には合うな~(^q^)
美味しい、美味しい。

しかしビール高い。
エキナカ回転寿司で生中540円ですからね~。高い。

やっと満腹になった僕は、コンビニに寄って、ホテルへ向かいました。
鹿児島はホテルが全般的に安いですね。

DSC_2755.jpg
なんか袋に入ってモールで縛られて、シール貼られてただけのあずきバー。
見たことなくて、めっちゃ美味しいけどそのシールには「北海道産あずき使用」とw
まぁ、こっち来たからといってなんでも鹿児島産なわけ無いですし。

この、棒が斜めに刺さってるのって、難波の『北極のアイスキャンデー』が、テイクアウトの際に箱詰めして、この棒が斜め故にドライアイスがたくさん入るから敢えて斜めにしてます。これマメな( ー`дー´)キリッなんてアナウンスしてますが、手作りでマッスグにするのが難しかっただけじゃ?

DSC_2760.jpg
あと、コンビニスイーツ。
こちらならではのもの。
っていうか、寄ったんセブイレやったかな?
こういった全国チェーンコンビニでも、ご当地スイーツなんて取り扱ってるのね。
これ、見つけたらマストバイよ!!!!
もしかしたら駅や空港で売ってるどれよりも美味しい。

そんなこんなで、鹿児島の夜が終わっちゃったのでした。

ビール高いなー。

~明日は何食べよう?編~につづく

-大阪美容室 ノイズシェーンのブログ

© 2020 髪質改善&エクステサロン ノイズシェーン 大阪で馴染むエクステと縮毛矯正